ブログにかけた時間は半年で何時間?時給計算してみたら泣けた

スポンサーリンク

ブログを作ったこともない全くの初心者が、無謀にも4つのブログを同時立ち上げし、一年後に月に二万円の副収入を目指しています。

半年経過したものの、当初立てた中間目標にアクセス数・収入ともに及ばず。。

いったい何時間、ブログ・アフィリエイトに時間を費やしてしまったのか、時給換算するために振り返ってみました。

1. ブログにかけた時間

半年間でブログ・アフィリエイトにかけた時間を集計してみました。

285時間

あちゃー、何かの資格を取れるくらいの時間かけています・・・・

一日平均、1.5時間くらいかけています。

ブログ半年アフィリエイトにかけた時間

もちろん一番時間がかかっているのが記事投稿、一記事につき、1時間くらいかかるのでこれは仕方ないですね…

ブログ設定・広告は、最初の二カ月は試行錯誤していたのでかなり時間を取られてしまっていますが、それ以降はあまりかかっていません。

記事投稿の次に時間がかかっているのが、ネット検索。。。

グーグルアドセンスの報酬画面をストーカーのように一日何回もチェックする時間、「アクセス数、増えない」などでグーグル検索する時間など、実際の報酬にはあまり結びつかないけど、どうしてもやってしまうネット検索時間です。

もちろん、新しいブログ設定のヒントを見つけたりとプラスに働くこともあるので、ネット検索時間の全てが無駄とは思いませんが、8割は無駄かなと自覚していますが、止められません…

これを「アフィリエイトにかけた時間」に入れてよいのかは微妙ですが、実際かかってしまっているので入れてます。

3カ月目以降は、1日1時間強ペースなので、通勤時間を30分くらい利用して記事の下書きなどをしていることを考えれば、一日1時間ブログにかける日もあれば、通勤時間以外にはほとんどかけない日もあるというペースで続いています。

というか、時間をそれだけしかかけられないから、毎日更新ができておらず、アクセス数も増えない悪循環かもしれません。。

2. 全て勉強の1ヶ月目

開始初月は、無料ブログを選び、アフィリエイトの仕組みを理解し、ASPを選んで会員登録し、提携審査を受けたり、全てに最大の時間がかかったのがこの月です。

ただ、やる気もMaxなのでかなり楽しかった時期です。

反対に記事の品質はというと、ブログを書いて情報発信したことがないため、どんな記事が求められているか、分かりやすいか、検索されやすいか、などの工夫はないので、「まずは書いてみました」レベルです。

あまりにも品質が低い記事は、落ち着いてから少しずつ修正しています。

3. 創意工夫の2ヶ月目

とりあえず、ブログを開設し、広告を貼ってみて、アクセス解析のグーグルアナリティクスを導入した一ヶ月目。

二ヶ月目は、「自分のブログが検索結果に表示されない」「検索結果の記事内容部分が変」「Seesaaのスマホ広告を消したい」など、ブログを改善したい点について、方法をネットで調べて、試行錯誤するのにかなりの時間を費やした月です。

結局、「Seesaaのスマホ広告を消したい」は試してみましたが、うまく全て消せる方法は見つからず。。

スマホでもパソコン画面に飛ばす方法も最初は成功したのですが、あるタイミングで無限ループのように画面がチカチカしてフリーズする現象が発生したので、怖くなって止めました。

4. 記事に集中できた3ヶ月目

最初の二ヶ月で検索表示されるブログの土台はある程度完成しました。

三ヶ月目はようやく記事の内容に集中できた月で、かつ日本郵政IPO関連記事のヒットで、アクセス数・収入も増えて、ブログアフィリエイトの手応えを感じた月です。

5. 迷走する4~6カ月目

三ヶ月目までは、ペースは遅いものの右肩上がりでしたが、その後の三ヶ月間は収入が右肩下がりで迷走しています。

資産ブログを目指しているので、過去の記事がどんどん蓄積され、当月に記事をあまり投稿しなくても、ブログが稼いでくれるような「不労所得」を目指しているのですが、なぜか累計記事数は増えているのに右肩下がりと困った状況です。

6. 禁断の時給換算

やってはいけないとは思いましたが、計算せずにはいられませんでした。

私のアフィリエイトの時給。

半年平均:46円
半年のアフィリエイト時給

この時給だとブラックバイトもびっくりする「ブラックアフィリ」?

まぁ、誰かにやらされてるのではなく、自らやってるからブラックとは言えないですが。。

やっちゃいけない時給換算すると虚しくなりますね。。

が、いつしか月に5時間しかブログ更新してないのに、10万円収入というように、逆の意味で時間と収入が比例しなくなることを夢みて、まず1年間は頑張りたいと思います!

関連記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする