アフィリエイトは危険か?|5つのリスクに注意すれば、心配しすぎることはない

スポンサーリンク

副業の代表格にもなってきたアフィリエイト、興味を持ち始めている方も多いと思います。

不動産投資のように初期投資もいらないし、転売のように在庫を抱えることもなく、比較的リスクの少ない副業だと言われています。

とはいえ、何だか怪しい香りのするアフィリエイト、本当に危険性はないのでしょうか?

アフィリエイトを始めて1年8か月経過し、ようやく月に3万円を稼げるようになってきた程度のまだまだ駆け出しですが、アフィリエイトで感じた5つのリスクについてご紹介します。

1.  情報商材詐欺にひっかかり、お金を失う

「一日30分の作業で月に50万円の収入」とか、おいしい話で高い情報商材を売りつけてくるビジネスがまだまだ横行しているのがアフィリエイト業界です。

不労所得、ほったらかし、家事の片手間など魅力的なキーワードが並び、メルマガは無料などの言葉に惹かれて気づいたら高い情報商材を買うなどということがないようにしましょう。

アフィリエイトで稼ぐ方法は10人10色です。ある人が稼げた手法で必ず稼げることはないし、手法自体が古かったり、ブログ量産という手法が自分には合わずに実践できなかったりと、情報商材を買っても自分も稼げるとは限りません。

基本的に情報商材に頼らなくても月に3~5万円程度は稼げるようになります。

情報商材に手を出したくなっても、まずは無料のインターネット情報でアフィリエイトで稼げることを実感し見る目を養ってから本当に信頼できそうな人を探しましょう。恐らく月に5万円稼げるようになれば、もはや情報商材を欲しいと思わない気がします。

2. 身バレしてしまう

ブログアフィリエイトをする場合、素人がやりやすいのは自分の体験や買ったものなどを記事にすることが多いです。

完全にプロフィールに顔出しして、身バレOKな方はよいのですが、匿名性を保って運用したい場合は記事の内容や使う写真に配慮する必要があります。

私は思ったそのままを書きたいので、知り合いに見られると「あの人ってこんなこと考えてるんだ」と思われたくないとか、余計なことを考えるのが嫌なので、夫にすら教えていません。

でもアフィリエイトをやってるんだよと教えた友人が、私の日頃の会話などから私のブログを見つけてきました。

どこまで隠したいかにもよりますが、意外と持ち物や行った場所、家族構成などからバレる可能性も大きいので、ブログを知られたくない方は注意しましょう。

3. 会社にバレてしまう

副業でアフィリエイトをやっている場合、会社にバレてしまうというリスクがあります。働き方改革で副業容認の方向になりつつありますが、まだまだ日本企業は副業を禁止している会社が多いです。

会社には絶対にバレたくない場合には、確定申告の際の住民税の支払いを自分で払う形式に指定する(給与天引きではなく)という基本的な配慮が必要です。

それに加え、同僚にはアフィリエイトをやっていることを言わないなど、注意した方がよいでしょう。

アフィリエイトをやっていることが会社に見つかった場合、例え懲戒処分にならなくても「副業をやっていて本業をおろそかにしている人」というように見られがちです。

同じ仕事のアウトプットを出しても厳しい評価を受けるリスクがつきまとうので、副業OKの会社でない限りはバレないようにした方がよいと思います。

4. 著作権や肖像権の問題

写真やイラストなどを掲載する場合、著作権の問題があるので気を付ける必要があります。ブログに画像がないと寂しいので、何かしらのサムネイル画像を張り付けたりしますが、著作権フリーの画像から探しています。

また、記事を引用する場合も、引用部分が明らかになるように””で囲ったり、引用元を表記する必要があります。

引用部分が「従」であり、自分で考えた部分が「主」となるようにしなければ、盗用になってしまいますので注意が必要です。

育児ブログなどでは撮影した写真を載せることも多いですが、その際に他の子ども達が映らないようにとか、個人が特定できないように配慮する必要があります。

5. 一時的に稼げたのをいいことに会社を辞めてしまう

インターネットでは、バズると言われるように、一時的にアクセス数が飛躍的に増加して、アフィリエイト収入も爆発することがあります。

それに気をよくして、月に50万円稼げたからと会社を辞めてしまいたくなります。特に現状の仕事が辛い場合には、ここぞとばかりに辞表をつきつけたい気持ちに…

でも、ちょっと冷静になる必要があります。アフィリエイトで一時的に稼げるとしても、その収入を継続することは更に難易度があがります。

インターネットは進歩もすごいので、今稼げている「コンテンツ重視」のブログ型アフィリエイトであっても、スマホで広告をブロックする機能が普及したり、グーグルの検索順位ロジックの変更など、収入が半減するようなリスクはたくさんあります。

一つのブログだけではなく複数ブログ、一つのASP・広告に依存することなく複数の収入源を確保するなどリスクヘッジがある程度できてからの決断が必要です。

もちろん貯金があって、再就職も比較的に簡単な資格を持った若者なら早まって辞めて、更にアフィリエイトで失敗してもやり直しがききますが、私のような40代の再就職は厳しいので…

心配性の私がアフィリエイトで感じたリスク5つをご紹介しましたが、今のところ最初に感じたほどの危ないことは幸いありませんでした。

「リスクを把握していない」ことが一番のリスクなので、事前に起こりうるリスク要因を把握して回避できれば、アフィリエイトは極めてリスクの低いビジネスモデルです。

極論すれば

失敗しても失うのは時間だけ

とすら言えるのが、このアフィリエイトです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする