WordPressへの引っ越しの後に最低限行った設定作業

スポンサーリンク

前回の記事にて、シーサーからWordPressにリダイレクトで移行する方法について説明しました。

前回説明した方法だけだと、どうにかリダイレクトで旧ブログ→新ブログに飛ぶというだけで、新ブログの見栄えなどは全く考慮されておりません。

今回の記事では、WordPressの最低限の設定を行い、ある程度見栄えのよいブログ、かつ最低限のアクセス解析準備をするための手順について説明を行います。

この設定作業に凝ってしまうと、ブログの更新が途絶えてしまうため、今回はこれを最低限やればある程度の見栄えが保証されるという内容をご紹介します。

1. テーマの設定

外観>テーマから、ブログの外観を決めます。予めインストールされている、「Twenty Fifteen」などを使う方法もあるようですが、SEO対策がなされているという「Simplicity」を使わせていただくことにしました。

①Simplicityダウンロード

下記リンクからSimplicityのサイトへアクセスし、SimplicityとSimplicityの子テーマをダウンロードしておきます。

simplicity.png

②WordPressにSimplicityをアップロード

外観>テーマ>テーマのアップロードから、Simplicityテーマのアップロードを行います。①でダウンロードしたZIP形式のテーマを選択し、「今すぐインストール」ボタンを押します。インストールが完了したら、有効化します。

テーマのアップロード.png

③子テーマをアップロード

②と同様の手順で、子テーマについてもアップロードしておきます。

子テーマを設定しておかずに、親テーマのcssなどを直接カスタマイズしてしまうと、親テーマのバージョンを上げようとすると、既にカスタマイズした内容が消えてしまうそうです。Simplicityでは子テーマも予め準備されているので、これをアップロードするのみです。

さて、ここまでの作業が終わったら、ためしにサイトを表示してみると、最初よりも見栄えがちょっと良くなっていますね。

以下の説明はSimplicity前提に説明させて頂きます。

2. 地道な記事の修正

シーサーからの移行で一番時間がかかったのが、この画像リンクの修正や、H2,H3タグの設定や、改行です。

①画像リンクの修正

画像リンクがSeesaaのままになっているため、記事の画像はうまく表示されますが、サムネイル画像が表示されません。今後のことを考え、全ての画像を手作業でWordPressにアップロードしなおしました。

②画像リンクの修正確認

一旦WordPressから全データのダウンロードを行います。ダウンロードしたファイルをWordで開き、「seesaa」で検索します。置き換え漏れの画像データがある場合、検索に引っかかりますので、該当画像をWordPressで開いて修正していきます。

③h2,h3タグの設定

Seesaaでは、h2・h3タグを簡単には設定できませんでした(HTMLとかいじれば設定できたのかもしれませんが・・・)ユーザーの見やすさの観点でも、SEOの観点でもh2・h3タグは設定したようがいいようですので、全ての記事に手作業でh2・h3タグを設定しました。

④改行

Seesaaでは、Enterキーで押した改行がきちんと改行として認識されていたのですが、WordPressでは認識されないらしく、行間が全く空かない読みにくいブログとなってしまいました。

今回のブログお引越し作業の中で一番苦痛だったのが、この行間を見やすいように空けていく作業でした。

3. Google Analyticsの設定

グーグルアナリティクスはアクセス数をカウントしてくれる重要なツールなので、必ず設定します。

WordPress管理画面の「外観→カスタマイズ」から、「アクセス解析(Analytics等)」をクリックしてください。

Google AnalyticsトラッキングID(UA-xxxxxxxx-x)という箇所に、Google analytics画面で取得したUA-xxxxxxxx-xというトラッキングコードを設定します。

4. Web master tool(グーグルコンソール)の設定

次にGoogle consoleの設定を行います。3. Google analytics設定と同じ画面のGoogle Search ConsoleのIDの欄に、グーグルコンソールから所有権認証のメタタグの一部を切り取って入力します。詳細なスクリーンショットは下記サイトをご参考にしてください。
Web master toolの設定方法
  1. グーグルコンソールの右上のプロパティを追加ボタンを押し、新しいURLを入力する
  2. 所有権の確認画面では、「別の方法」タブをクリック
  3. 「HTMLタグ」のラジオボタンを選択
  4. 「例を表示」をクリック
  5. content属性内(content=”〇〇〇〇”)の〇〇〇〇部分をコピーする
  6. WordPress画面を開き、カスタマイズ>アクセス解析を開き、「Google Search ConsoleのID」部分に先ほどコピーしたものを貼り付け保存する。
  7. グーグルコンソールに戻り、確認ボタンを押す。「~の所有権が確認できました」メッセージが出ていれば成功なので、完了ボタンを押す

5.レイアウトの設定

Simplicityデフォルトのレイアウトから、自分好みのレイアウトに変更していきます。

こちらは必須ではありませんが、デフォルトのままだとちょっと味気ないので、愛着の湧くブログにするためには、ぜひ変更することをおすすめします。

①トップページのカスタマイズ

トップページの一覧リスト表示レイアウトを変更します。

外観>カスタマイズ>レイアウト(全体・リスト)で下記10つの中から選ぶことができます。

画面の右側でプレビューができるので、それを見ながら気に入ったものを選択すればよいです。

Simplicity一覧リストのスタイル.png
このブログは、最初のページに目次を持ってきている都合上、「最初だけ大きなエントリーカード」を選択しています。

②全体的な外観

全体的な色合いを設定できます。ブログ全体の見栄えに関わるので自分の好きなものを選ぶとよいでしょう。

外観>カスタマイズ>スキンで設定でき、予め準備された17種類から選択することができます。

これにより、タグの色やリンクの色なども変わってきますので、左側のプレビューでお好みのものを選択するとよいと思います。

③ヘッダーの画像を設定

外観>カスタマイズ>ヘッダーメニューから、ヘッダーの画像を設定しました。まだ気に入った画像という訳ではないですが、一旦何か設定しないと寂しいので設定してみました。

外観>カスタマイズ>サイト基本情報のキャッチフレーズに、「ブログの紹介文章」を入力しました。赤枠の部分がキャッチフレーズになっています。

ヘッダー変更

Simplicityは本当に良くできていて、CSSをいじらなくてもシンプルなりに見やすい見栄えを提供してくれます。ここまでの設定を完了させて移行すれば、きっと以前のシーサーブログより見やすいブログとなっていることと思います。

最初は全くの無料で私の作業時間だけがコストという状態で始めたブログアフィリエイトですが、とうとうドメインを取得し、レンタルサーバーを借りてWordPressで運用することにしました。

私が使用したドメインとレンタルサーバーの組み合わせは、お名前.comWordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』です。ドメイン代は年間800円弱、レンタルサーバーは月々1,000円程度、これで自由に見栄えのよいブログが運営できるというのは、意外に安い出費であると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする